ロータリークラブとは

certification
baner2
certifyletter
利己のない奉仕の精神をもって、人道奉仕・社会奉仕・職業奉仕・国際奉仕を目的とし、国際的な友好・親善・平和を指向する社会
奉仕連合団体「国際ロータリー」のメンバーである単位クラブをいいます。
 世界最初のロータリークラブは、1905年アメリカ・シカゴで誕生しました。「国際ロータリー」は世界初の奉仕クラブ団体であり200以上の国と
地域に33,000近くのクラブを擁し、会員数は120万人以上となります。
 日本においては1920年、当時三井銀行の重役であった米山梅吉らが、東京府に日本初の
ロータリークラブ (RC) を創立し、国際ロータリーから855番目に認証を受けたのを皮切りに、
現在では3ゾーン・34地区に2,287クラブが存在し、会員数は88,328人となっています。(2014年現在)

会長挨拶

2018-2019年度
足利ロータリークラブ会長

羅田 秀顕

2018年~2019年度クラブ会長の方針と計画

 

2018年~2019年度足利ロータリークラブの会長を務めさせて頂くことになりました。

44歳の若輩でロータリー歴も浅く、ロータリークラブでは日々勉強の連続です。この1年間、67年目を迎える北関東屈指の老舗クラブの運営を任されることになります。クラブを最盛期の状態にまで戻す道筋を付けた上で、次年度の会長にバトンタッチが出来る様、全力でクラブ運営に当たっていく所存です。

今年度のRIのテーマは「インスピレーションになろう」BE THE INSPIRATIONです。バリー・ラシンRI会長は、私達が直面する課題に対して勇気と希望、そして創造性を持って正面から立ち向かう意欲を組織全体から引出すことを目的にこのテーマを掲げられました。私達ロータリアン一人一人が意識改革を行って、おのおのが属するクラブを魅力的なものにしていかなければなりません。その為には、ロータリークラブ創設の理念や哲学をしっかりと認識する必要があります。今年はロータリークラブの創設者であるポール・ハリス氏生誕150年の節目の年に当たります。ポール・ハリス氏がどのような理念でロータリークラブを創設し、どのような哲学を持って200以上の国と地域に120万人以上の会員数を誇る組織にまで成長させていったのかを改めて顧みる必要があります。

2018年~2019年度は以下の項目をクラブの活動方針として掲げさせて頂きます。

● 会長講話の創設

クラブの会員、一人一人がロータリアンとして自覚を持って日々の仕事や生活に向き合う様、「ポール・ハリス語録」の中からいくつか項目をピックアップ。ポール・ハリスの哲学をクラブ、地域社会の課題と結び付けながら解説を行う講話を各月の第1例会時に行います。

  • 友好クラブとの交流拡大

「ロータリーの例会は人生の道場」と言われています。しかし、例会には日々同じ顔ぶれの繰返しでクラブ内にマンネリ化が漂い、惰性による不透明なクラブ運営に陥る危険性も孕んでいます。この様な環境下では、クラブ会員に「インスピレーション」を奮い起こさせることは到底出来ません。

足利ロータリークラブは東京ロータリークラブをスポンサークラブとして設立され、足利市内の2クラブ(足利東、足利西)の他、桐生RC、栃木RC、太田RC、館林RCの設立にも携わりました。2018年~2019年度は館林RCから宮内敦夫氏が第2840地区のガバナーとして輩出されます。今年度は第8グループ内の交流に留まらず、第2840地区のクラブとの交流を積極的に行い足利RCの会員に「インスピレーション」の種を植え付けていきたいと思います。昨年度は45年振りに桐生RCとの夜間例会が実現しました。今年度は桐生RCの他、太田RC、館林RCとの合同例会も開催したいと思います。また、今年度は館林にて第2840地区の地区大会が開催されます。スポンサークラブとして第2840地区の地区大会へ参加の予定です。今後は足利RCがスポンサーとなったクラブ(桐生、太田、館林、栃木もしくは佐野)の会長、幹事会を開催の上、相互交流拡大の途を模索していく予定です。

  • 会員増強

会員一人一人「インスピレーションになる」にはクラブ内に常に新しい血を入れていくことが何にも増して重要です。会員増強は「インスピレーションになる」為の最重要ファクターです。会員増強は長期的視点で取組む必要があります。2020年までに会員数50名、うち女性会員数3名の達成を目指します。特に女性会員の獲得は、新たな息吹をクラブ内に吹き込み、「インスピレーション」を引き起こす大きな可能性を秘めています。

  • 貧困児童の支援

「インスピレーションになる」ことは、クラブ内に留まるものではありません。「インスピレーション」となったロータリアン一人一人が地域社会の抱える課題に正面から立ち向かうことで初めて、ロータリークラブが地域社会に「インスピレーション」与える存在として人々に認知されるのです。

貧困児童の問題は近年大きな社会問題にまで発展しております。第2550地区では2018年~2019年の社会奉仕のテーマとして、貧困児童の支援を掲げています。2018年4月の足利市議会議員金子裕美氏の卓話では、足利市内にも社会的に手を差し伸べなければならない貧困児童がいる事実を明らかにしました。足利は日本最古の足利学校を擁し、文化の薫る街として発展して来ました。文化の灯を次世代に継承する為にも、足利ロータリークラブとしては教育支援を軸に貧困児童の支援を開始する予定です。

 

ロータリークラブは会長、幹事、そして一部の人達だけで運営する組織ではありません。会員全員が「足利ロータリークラブ」に所属をしていることに誇りと自覚を持って、主体的にクラブ運営に携わっていくことで初めてクラブとして機能するのです。会長はその後押しが出来る様、環境を整備して魅力的なクラブとして永続的に発展出来る礎を築く役割であると認識しています。最後にロータリアンでもあったJohn F. Kennedy元大統領の大統領就任演説の文言をロータリークラブに当てはめて結びとさせて頂きます。

 

Ask not what your Rotary club can do for you — ask what you can do for your Rotary club.

 

 

 

クラブ略歴

(1)創立記念日

7月26日
(創立昭和27年(1952年7月26日))

(2)RI加盟認証年月日

1952年9月8日(昭和27年9月8日)
80番目に認証

(3)チャーターナイト
 年月日
 及び会場

1953年(昭和28年)

5月8日

柳原小学校

(4)創立会員数
 (内現在在籍会員数)
 (チャーターメンバー)

26名

(現在在籍者無し)

(秋間 正二、今井 清司、井村 作一、
石川 縫松、内田元四郎、荻野 英二、
小野 康平、小倉徳太郎、大竹 貞二、
大山岩次郎、金井好三郎、小林 忠蔵、
木村 浅七、小滝 四郎、黒田要一郎、
佐藤 広吉、須賀 松吉、長 依一郎、殿岡 利男、
遠田  淳、田村 俊一、中島 良助、
福田 一郎、船戸川兵次郎、三田禧三郎、由木 英夫)

(5)創立当時のガバナー
第60地区ガバナー 小林雅一
(6)スポンサークラブ
東京、東京南、東京北、宇都宮
(7)特別代表
柏原 孫左衛門
(8)区域限定
 (クラブ定款第3条)
クラブ定款第3条 クラブの所在地域:

本クラブの所在地域は次の通りとする
所在:栃木県足利市堀込町2001
地域:足利の中心部を基本として、市内全域の近隣の地区を含む地域

(9)アディショナル・クラブ
足利東RC、足利西RC、栃木RC(桐生RC、太田RC,館林RC)
(10)姉妹クラブ・友好クラブ
太田RC,館林RC

周年行事

  • 5周年
    Date: 1957年9月7日

    場所:蓮岱館

  • 10周年
    Date: 1962年10月24日

    場所:足利 トリコット会館

  • 15周年
    Date: 1967年9月16日

    場所:足利市民会館

  • 20周年
    Date: 1972年10月1日

    場所:足利市民会館(大ホール)

  • 25周年
    Date: 1977年10月9日

    場所:足利市民会館

  • 30周年
    Date: 1982年10月30日

    場所:足利市民プラザ

  • 35周年
    Date: 1987年11月21日

    場所:足利市民プラザ

    ポリオ撲滅キャンペーン

  • 40周年
    Date: 1992年4月17日

    場所:足利市民プラザ

  • 45周年
    Date: 1997年10月3日

    場所:足利市民会館

  • 50周年
    Date: 2002年10月19日

    場所:栗田美術館

    創作地唄舞「残花」(堀派神崎流家元)、歌舞伎講座(足利南高校)H.14.5.30楷の木植樹、栗田美術館、足工大、フラワーパーク)

  • 55周年
    Date: 2007年7月20日

    場所:蓮岱館

    会員のみ参加、もみじ谷整備(紅葉苗、石碑2基足利市へ寄贈:小林弘会員の遺志により56周年時に完成))

  • 60周年
    Date: 2013年4月6日

    場所:蓮岱館

  • 65周年
    Date: 2017年4月21日

    場所:蓮岱館
    会員、来賓10名参加
    記念式典・祝賀パーティー(Renコンサート)開催

    記念事業
    <青少年奉仕記念事業>
    森の長城プロジェクト 命を守る森の防潮堤除草清掃作業
    インターアクトクラブバナー制作、寄贈 足短附・足高各75枚
    両毛育英会寄付 ふるさと足利応援寄付金
    <社会奉仕記念事業>
    市内3老人施設に車椅子寄贈
    <国際奉仕記念事業>
    消防自動車タイへ寄贈

ガバナー輩出年度

年度(西暦・和暦)

1963年~64年 昭和38年~39年

1963年~64年 昭和38年~39年

1993年~94年 平成5年~6年

氏名

小野康平

瓜生英二

深澤豊吉

当時の地区名

第355地区

第255地区

第2550地区

クラブ組織図

ri_chart-161215-a

2018~2019 プログラム 予定表(上期)

No テーマ 日にち 内容
3364 7月6日 会長・幹事就任の挨拶・新入会員入会式 第1回理事会
3365 7月13日 招待卓話
3366 7月20日 与良正男氏講演「日本政治の行方」
3367 7月27日 夜間例会 ガバナー補佐事前訪問(クラブ協議会)7月度各種祝いの会
 3368 会員増強 8月3日  会員卓話 亀井孝哲会員「私の履歴書」
3369  8月10日  金  伊東ガバナー公式訪問
3370  8月17日 休会(お盆) 
3371 8月24日  移動例会(幸の湯)
3372 8月31日 休会(第5週)
3373 識字率向上 9月7日
3374 9月14日
3375 9月21日
3376 9月28日
 3377 経済と地域社会 10月5日
 3378 10月12日  金
 3379 10月19日  金  足高進路講演会
 3380 10月26-28日  金-日  地区大会
3381 ロータリー財団 11月2日
3382 11月9日
3383 11月16日
3384 11月23日 休会(祝日)
3385 11月30日 休会(第5週)
 3386 疾病予防 12月7日
 3387 12月14日
 3388 12月21日
 3389 12月28日 休会(年末)

最近の活動

所在地等

事務所

〒326-0831
足利市堀込町2001
TEL:0284-70-1400
FAX:0284-70-1401
Mail: asrc@energy.ocn.ne.jp

例会場 蓮岱館(毎週金曜日)

〒326-0816
足利市緑町2丁目3770
TEL:0284-21-6111
FAX:0284-21-6113

入会案内

入会の条件

  • 善良な成人で、職業上良い世評を受けている、実業又は専門職務の持主、共同営者、法人役員又は支配人など裁量権限のある管理職の方。
  • 事業場または住居が当クラブの区域限界内もしくはクラブの存在する都市の行政区域内または隣接するクラブの区域限界内にあること。
  • 毎週1回の例会に出席できる方及び会費支払い、定められた寄付の責務を果たせる方。
  • 入会金と年会費を納入できる方。

ロータリーへ入会をご希望される方

たくさんのクラブが各地で活動をしています。
お住まいの地域、またはお勤めの地域のクラブをご確認頂き、入会をご希望されるクラブに直接お問い合わせください。

※ロータリーへのご入会は、職業分類制度に基いて一定の選考基準によって決定されるため、審査の結果、ご入会頂けない場合もございます。予めご了承ください。

理事会報告

週報

第3362回例会

この情報へのアクセスはメンバーに限定されています。ログインし …

第3361回例会

この情報へのアクセスはメンバーに限定されています。ログインし …

第3359回例会

この情報へのアクセスはメンバーに限定されています。ログインし …